横浜で投資用マンションを所有いている方の意見

横浜で投資用のマンションを所有している人の意見を聞くことで、色々と参考になります。例えば新築の資産価値が高い物件を購入した人から良く聞かれるのは、築年数が経過すると意外にも家賃金額が下がるということです。これは新築物件というプレミアム感から、当面の家賃設定は高くなります。けれども一度退去すると、次の入居者探しの場合には家賃を下げなければ、なかなか決まらないという意見が聞かれます。それを踏まえて資金計画を立てることが大事です。さらに新築物件を購入する際には、頭金を入れておいた方が良いという意見もあります。ほぼ100%融資を受けることができますが、家賃金額の下落も考慮すれば借入金は少なくした方が良いというわけです。このようなことは購入者の意見が参考になります。

どのようにして利益を出しているのか

横浜のような地価の高い場所で投資用マンションを購入した人は、どのようにして収益を出しているのかを知りたいものです。良く聞かれる意見としては、長期保有をするために毎月利益が出るようにする必要があるということです。資産価値が高いということは、購入価格も高いということです。それに伴って家賃収入も多ければ良いのですが、実際には利回りはそれほど高くありません。そこで中古物件の安いものを探して、利回りの高い条件となるものを購入することが大事との意見も多く聞けます。ただし中古物件の場合、修繕にお金がかかるようにもなります。そのためには毎月の利益を積み立てて、修繕費用とすることが必要です。購入者の意見を聞くと、そのバランスをいかに取るかも重要であることがわかります。

管理会社選びも重要であることがわかります

その他にも、横浜の投資用マンションを購入した人の意見として、管理会社選びが重要であることがわかります。賃借人探しも当然ですが、部屋の管理をどのように行うのかが空室率の低下につながります。退去時に清掃だけで済ませるのか、それとも付加価値をつけるための工夫ができるのかによって賃借人のつきやすさにつながります。その一工夫ができるかどうかも、管理会社選びのポイントと言えます。どんな新築物件でも、築年数の経過によって劣化していきます。そして今も新築物件が建設されるエリアだけに、競争率は高いことがわかります。その中でいかに魅力ある部屋を維持するのか、付加価値をつけて賃借人を探しやすくするかが大事なポイントとなります。そのためには、管理会社選びがとても大切です。