まずは何をするの?横浜で投資用マンションを探す方法

横浜で投資用マンションを探すのであれば、まずはエリア別に利回りと賃貸需要をチェックすることが必要です。運用がうまくいくか否かは、このふたつの要素でほとんど決まります。物件選びは一般の不動産会社ではなく、運用も手がける業者を利用します。さらに不動産会社が開催している無料のセミナーにも参加することで、効率良く利回りの高い物件を探すことができます。物件選びは立地が全てといっても良いくらいですが、それに加えて購入できる価格帯のものを探すことが大事です。新築か中古かどちらを選ぶかという選択肢もあります。人気が高いのは新築ですが、長く運用できるのは中古です。そのために自身の収入や自己資金を考慮して、どちらを購入すればお得なのかを知っておくことも大事です。

新築と中古の違いについて知っておくこと

横浜の投資用マンションでは新築物件が人気を集めています。都市部でも建築が進んでいますが、賃貸運用をする上でどのようなメリットがあるのかを知っておく必要があります。まず新築時の家賃設定はかなり高くできます。ただし一度でも退去すると、家賃を下げることにもなります。次に確定申告時の経費を多く計上できることもメリットです。例えば建物の減価償却費も、設備は15年起案しか計上できないので新築の方が有利と言えます。また頭金をゼロでローンを組めば、その金利部分も経費として計上できます。そのために税金の還付も多くなるのでお得です。それに対して中古物件を購入する場合は、節税効果が少なくなります。このように、運用する上での資金計画に違いが出てくることが分かります。

運用を任せる管理会社を探すこと

横浜で気に入った投資用マンションを見つけても、その運用を任せる管理会社選びも重要です。物件は管理状態によって資産価値を高く維持できるか否かが決まります。そのためにきちんと物件を管理できる会社を探すことが重要です。さらに賃借人をつけてもらう上でも、管理会社の経験が必要になります。どのような募集をするのか、退去時の内装をどのように行うのかによっても賃借人のつきやすさは変わります。さらに家賃設定をいくらにするのかも重要なポイントです。あまりに高い設定をすると、なかなか借り手がつかなくなり家賃収入が得られません。かといって安くしすぎてしまうとローン返済を賄うことができずに赤字となってしまいます。そのバランスをどのように取るのかが上手い業者を選ぶことが大事です。