横浜で投資用マンションを購入するメリットとデメリット

横浜で投資用マンションを購入するメリットは、何と言っても賃貸需要が多いことです。居住地としては人気のエリアとあって、空室率が低いことでも知られています。そのために安定した家賃収入を望むことができます。それに対してデメリットとなるのは、価格の高さです。元々このエリアは地価が高いことで知られますが、全国的に住宅地の地価が上昇していることを背景に物件価格も上昇しています。それに対して家賃相場も上昇すれば良いのですが、中古市場では多くの物件があるために家賃はそれほど上がりません。そのために利回りが低下しているのがデメリットと言えます。ただし資産価値の高いエリアでもあるので、ある程度の頭金を入れることで毎月の収支をプラスにすることができます。

購入することで得られるメリットについて

横浜のような資産価値の高いエリアで投資用マンションを購入することで、値下がりリスクを抑えるメリットが得られます。もちろん中古物件となれば、どのような立地であっても価格は下がります。けれども地価の上昇が著しいこともあって、短期での売却でもそれほど価格は下落しないと言えます。さらに転売する際にも、買い手が多いことがメリットと言えます。居住用としても売却することができるので、利回りが低下してきたならば手放すのもひとつの運用方法です。その際には買い手を見つけやすいというわけです。そして好立地となる物件を探しやすいのも、このエリアの特徴と言えます。交通の便も良く通勤や通学にも便利な場所とあって、借り手も探しやすくなります。極めて運用しやすいというのがこのエリアで物件を保有する利点と言えます。

物件価格が高いために購入は難しい

横浜市は賃貸需要も多く投資用マンションは運用しやすいものですが、物件価格が高いために購入が難しいのがデメリットです。毎月の家賃収入とローン返済から資金計画を立てます。さらに空き家となるリスクや管理費などの出費も考慮して、マイナス運用とならないようにする必要があります。すると、多くの新築は頭金を入れなければ安心して保有できないことがわかります。もちろん頭金ゼロでもローンは組めますが、その後の運用を考えると余裕を持ったローン返済計画を立てることが必要です。すると、ある程度は自己資金がなければ購入できないことがわかります。これは新築でも中古でも同じですが、特に新築は家賃の下落率が大きいので考慮が必要です。この傾向は今後もしばらくは続くと見られています。

営業時間は10:00~19:00まで、火曜・水曜が定休日となっております。 お電話・メールでのお問い合わせを受け付けております。 押し売り営業は一切ございません。お客様を第一に考えたサービスをご提供しています。 神奈川県の不動産のことなら、どんな事でもお任せください。 神奈川県の利益不動産を専門に取り扱っております。 入居者の希望に合わせたプランをご用意!リクエストにも柔軟にお応えします。 投資用のマンションを横浜で